www.ohmypugshop.com
始めに、一般人が破産を申請するまでの間では返済者本人への電話を使用しての借金取り立てと当事者の住んでいる家への直接訪問によった集金は法律無視とはいえないということになっています。さらに、破産に関する作業に入ったあと提出までに無駄な時間がかかるときには強引な取り立てを実行するリスクが上昇します。債権保有者側としては債務の返済もしないままそれでいて破産といった手続きもされない状況だと業者内部で完結処理をなすことが不可能だからです。また、中には法律家に結びついていないと知ると、非常に強硬な回収行動をしてくる業者もいます。司法書士団体および弁護士にアドバイスを求めた際には、個別の債権保持者は借金した人に関する直接集金をすることができなくなります。要請を受諾した司法書士の人もしくは弁護士の方は案件を任されたと書かれた郵便を各取り立て企業に送付し各権利者がその文書をもらった時点で返済者は取り立て企業による過激な取り立てから解き放たれるわけです。ちなみに、取立人が勤務地や実家へ訪れる返済要求は法のルールで禁止事項になっています。金貸しとして登録済みの企業ならば父母宅へ行く返済請求は貸金業法に違反するのを把握しているので違反だと伝達すればそういった徴集をし続けることはないと考えられます。自己破産に関する手続きの後は申請者にあてた集金を入れて、全種類の集金行為は禁止になります。よって、業者からの支払い請求行動はまったく消滅するわけです。しかしながら、中には違法と分かっていながら訪問してくる取り立て企業も存在しないとは思えません。事業として登録してある企業ならば破産の申し立て後の集金が法の規程に違反するのを知っているので、違法であると伝えてしまえば、そういう類の返済請求を続けることはないと言っていいでしょう。ただ違法金融と呼ばれている不認可の企業においてはこの限りとはならず法外な集金などが理由の事件が増え続けているのが現実です。裏金が取り立て屋の中に存在している際にはどんなときであれ弁護士事務所や司法書士などの専門屋に連絡するのがいいと考えます。