www.ohmypugshop.com
クレカを店舗等にて使う時にもれなく思ったことがおありではないかと思うのだが、店員が未熟なためにどちらの明細をお客さんに渡すべきか迷っている時があるかと思います。といいますのも、クレジットカードを利用すると、端末より数枚の紙が印字されるからで、この明細の中のどのレシートを利用者に対して渡すべきなのかわからないということがあるのです。3枚の使用レシートの意味:複数枚の明細の説明とは何なのかというのは、↓のようになります。1カード利用者へ渡す利用明細。2店舗控え利用明細。3カード会社控え使用レシート(サインをするレシート)。通常は必ずカード利用者側へ渡すべき使用明細を渡してくれるのが正しいのですが、たまに店舗控え使用レシートを利用者のもとへ見間違えて渡してしまうというということであったりサインをした使用明細自体を渡してしまったなどという事例すら見受けられます。これはパートの人に対してやそれほどクレジットカードが使われることのない店舗の会計において使うと、そういった従業員の焦りというものが見られるようです。いつの日か店舗従業員が上記のように利用明細というものを渡してきた場合は親切に「これは違いますよ」と一言教育してあげて欲しいです。