www.ohmypugshop.com
外国為替市場介入(為替介入)という言葉を聞いた事がありますか?日本銀行が外国為替平衡操作(為替介入)をして新聞、雑誌記事、テレビのニュースインターネット等の情報で確認した方もたくさんいるでしょう。元来為替の介入というと我が国においては、・財務大臣が為替の相場の安定を保つように実行する方策ということで考えられています。簡単に言うと、極度の円高、円安の場合に財務大臣のお達しのもとに中央銀行である日銀が日本円を取引することで相場の安定をさせる、といったものです。外国為替市場介入(為替介入)とはやり方が何通りかあるのです。1.単独介入・・・政府や日銀が、東京市場の中で市場に加わり為替介入(外国為替平衡操作)をする。2.協調介入・・・いくつかの通貨当局が相談のうえ各銀行などが持ち金を出して同時期にないし随時為替の介入を実行する。3.委託介入・・・他の国の通貨当局に為替介入(外国為替平衡操作)を委ねる。4.逆委託介入・・・日銀が異国の通貨当局に代わり介入を実行する。こういった種類です。いずれの為替介入(外国為替市場介入)も一時、あるいはしばらくの間市場に多くの影響力を与えます。介入のお金は当然国家の面子をかけて行なうだけに段違いなのです。円を基本にしてみると、日頃は数銭単位で動いている為替相場が一気に数円ごとの変動をするのです。投資家の人なら今までに体験していると考えますが、これまでスムーズに含み益(もしくは含み損)が増えていた持ち高を維持していたのだが、持続している持ち高が決済となりましたとの報告がFX業者よりメールが届き・・・どの程度儲かったのかな(赤字になったのか)?と考えつつ決済状況を見たら自分で見込んでいた事と真逆の事態となってしまい度肝を抜かれたケースがあります。介入が行なわれた際によくあることなのです。為替の介入が施行されると、為替市場の変動と真逆の変化をします。さらに変化する金額の大きさは相当でかく変化しますので気をつける必要があります。